会社概要

社名: 株式会社玉寿司
商号: 築地玉寿司
創業: 大正13年3月
本社所在地: 〒104-0045
東京都中央区築地2-11-26 築地MKビル3F
Tel:03-3541-0001(代)
Fax:03-3543-4691
代表者: 代表取締役社長 中野里 陽平
資本金: 3,000万円
事業内容: 寿司調理販売
(江戸前にぎり寿司)
店舗数: 29店舗
従業員数: 530名(パート・アルバイト含む)

代表取締役社長のご挨拶

築地玉寿司は、大正13年に築地で産声をあげました。
以来、様々なお店のニーズに応えながら、今日まで歩んで参りました。
日本が世界に誇れる食文化である寿司に対し、情熱と工夫を重ねてきた当社の一貫した思いは『私達は海の幸の美味しさに真剣です』というものです。
この真剣な思いが、技術の向上につながり、お客様を魅了する力となります。
当社には優れた技術をもつ社員が多くいます。日本の大切な寿司文化を正しく伝承していくために、私どもは、一から職人を育てています。
当社は毎日の朝礼、きめ細やかな仕入、効果的な販売促進、学び多い研修や会議等々を通じて、本社と現場が一体となってお客様に喜んで頂けるように、日々、努力研鑽を重ねております。

経営理念

マークの秘密

●株式会社玉寿司の会社マークの秘密

このマークは会社としての印です。
「たま」(円)の中に平がなの「す」が4つ重なって創られています。
意味は「たま」の中に「す」が4つで「たまずし」・・・
江戸前寿司店のユーモアと誇りが込められているのです。

●築地玉寿司の顔マークの秘密

築地玉寿司で見られるこの笑顔…
この顔は三代目中野里孝正(会長)の若き頃(30歳頃)の笑顔をモチーフにしました。
そしてなんと、この顔は「つきじたますし」という平がなで描かれているのです!

会社沿革

大正13年 初代中野里栄蔵が妻ことと築地の現本店所在地に高級寿司店玉寿司を創業。
昭和40年 三代目中野里孝正(現相談役)が株式会社築地玉寿司設立。
渋谷東急プラザ9階に第1号店支店開業。
第1期玉寿司のチェーン化が始まる。
昭和46年 銀座コア地階に、近代的和洋インテリアと均一価格の店を開業。
この時玉寿司のオリジナル商品"末広手巻"を開発。
第2期玉寿司のチェーン化が始まる。
昭和47年 錦糸町テルミナ店開業。
昭和50年 札幌丸井今井店開業。
昭和52年 銀座6丁目にラビ店開業。
昭和54年 柏高島屋店開業。
昭和55年 横浜ルミネ店開業。
昭和57年 船橋東武店開業。
大宮ルミネ店開業。
昭和58年 ウィング高輪店開業。
昭和63年 市川ニッケコルトンプラザ店開業。
平成2年 川越アトレマルヒロ店開業。
平成3年 名古屋NHK店開業。
平成4年 池袋メトロポリタンプラザ店開業。
大船ルミネウィング店開業。
平成8年 台場デックス東京ビーチ店開業。
新宿高島屋タイムズスクウェア店開業。
平成12年 名古屋JR高島屋店開業。
太老樹築地店開業。
平成14年 樹太老東銀座店開業。
平成17年 4代目中野里 陽平が代表取締役社長に就任。
平成17年 舞浜イクスピアリ店開業。
平成18年 名古屋松坂屋店開業。
平成19年 池袋サンシャイン店開業。
平成21年 北千住ルミネ店開業。
立川店開業。
ぎん六がぎんろくに名称変更し新規開業。
平成22年 太老樹築地店が築地玉寿司 晴海通り店として新規開業。
築地すしくろが横浜ジョイナスに新規開業。
平成23年 樹太老東銀座店が築地きたろうとして新規開業。
Dila阿佐ヶ谷に初のテイクアウト店開業。
平成24年 池袋メトロポリタン店がルミネ池袋店として新規開業。
浅草エキミセ店が新規開業。
平成25年 名古屋柳橋に柳橋きたろうが新規開業。
平成27年 吉祥寺店が新規開業。
柳橋きたろう場内店が新規開業。
平成28年 みなとみらい店新規開業。
ささしぐれ 築地玉寿司 表参道ヒルズ店が新規開業。
page top